「切迫早産と戦った9ヶ月」初産ママの肉体的・精神的ストーリー

「切迫早産と戦った9ヶ月」初産ママの肉体的・精神的ストーリー

ママニック葉酸サプリ

切迫早産の診断

私は妊娠6ヶ月の定期検診で、軽い出血と陣痛があることが分かり、切迫早産の診断を受けてしまった。主治医から「絶対安静にしないと流産してしまう」と厳しく注意され、そこから自宅待機の生活が始まった。

合わせて読みたい

あの日の臍の緒切断 - 思い出に残る夫の役割 妻の陣痛が始まり、夜中に病院に駆け込んだ。受付で手続きを済ませ、分娩室に案内された。妻はすでにベッドに横になり、陣痛に耐えていた。痛みに顔を歪めるたびに、私は手を握り返し、声をかけた。「頑[…]

合わせて読みたい

切迫早産の診断に驚き 妊娠28週目、定期健診で医師から予期せぬ診断を受けました。それは「切迫早産」という、出産が早まるリスクを示す症状でした。 妊婦健診では特に問題なく経過していたので、まさかの診断に驚きました。子宮口の開きが見[…]

肉体的・精神的つらさ

ほとんど動くこともできず、ベッドとトイレの行き来が毎日の生活になってしまった。肉体的には気が遠くなるほど、つらい思いをした。寝返りを打つだけでも体力を使い果たすような状態で、家族に介助してもらわないと何もできなかった。
しかし、肉体的な辛さよりも精神的な不安のほうが尋常ではなかった。お腹の赤ちゃんに影響がないか、常に気が気ではなかった。一刻も早く産まれてきてほしいと願いつつ、早産の可能性を恐れるという入り組んだ気持ちでいっぱいだった。

ママニック葉酸サプリ

夫の支えと絶対安静の日々

食事は家族に用意してもらい、電話をかけることすらできず、スマートフォン1つが外の世界との唯一の入り口だった。夫が仕事から帰ると、毎晩お腹を撫でてくれ、「大丈夫、赤ちゃん。がんばれ」と話しかけるのが日課になっていた。
3ヶ月間の絶対安静に耐えながらも、切迫流産の危険は完全に去らなかった。陣痛と出血が治まらず、最悪の事態を恐れて夜を泣きながら過ごすこともしばしばだった。そんな時は必ず夫に励まされた。

無事の出産と感謝

そんな中でも、お腹の赤ちゃんの気配を感じるたびに、「早産してほしくない」という思いが徐々に強くなっていった。保健師さんからの電話で気持ちが少し和らぎ、遠くの産院への通院も許可された。
辛い月日が続いたが、なんとか9ヶ月を無事に過ごすことができた。陣痛を利用してお産に臨んだが、赤ちゃんは元気に産まれてきてくれた。産後は赤ちゃんに感謝の気持ちでいっぱいだった。9ヶ月の絶対安静が報われた瞬間で、寝たきりの肉体的・精神的につらい状況から開放された。
初めての出産は本当に壮絶な体験だったが、夫婦で協力し合い、乗り越えられてよかった。人生最大の試練となったこの9ヶ月は、母親になるための肉体的・精神的訓練だったと思う。健康な赤ちゃんに恵まれ、夫婦で抱きしめた時の喜びは格別だった。

合わせて読みたい

医療の進化に伴い、出産の選択肢が増えてきました。とりわけ帝王切開は、母体や胎児の状況に応じて医師が選択する分娩方法の一つです。しかし、帝王切開には物理的・心理的な影響があり、母親にとっては大きな体験となります。 今回、帝王切開を経験した母[…]

合わせて読みたい

「陣痛タクシーの過酷な記録」命がけの駆け足レース 陣痛の始まりと焦り その日は12月上旬の朝だった。東京の街は少し冷え込んでいた。私が目を覚ますと、いつもと違うおなかの張りを感じた。予定日はまだ先と思っていたが、これは間違いなく陣痛の始まり[…]

プレママ必見!
妊活中から飲める赤ちゃんのための葉酸サプリリスト

妊活中から赤ちゃんの健康をサポートするために、葉酸サプリを摂取することが大切です。以下のサプリは、妊活中の方、妊婦さんに人気の高いおすすめ商品です。

1.ママニック葉酸サプリ
– 200人の女性の声から生まれた、赤ちゃんのための葉酸サプリ
– 400μgの葉酸、鉄分、カルシウムを配合
– 29種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合
– 安全性テスト済

2.ベルタ葉酸サプリ
– 売上No.1、モンドセレクション5年連続受賞の葉酸サプリ
– 産婦人科医約640施設に提供されている
– 厚生労働省推奨の葉酸400μg(モノグルタミン酸型酵母葉酸100%)配合
– 47種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合
– 鉄分20mg、カルシウム250mg配合

妊活中から赤ちゃんの健康をサポートするために、これらの葉酸サプリを試してみてはいかがでしょうか。