「陣痛タクシーの過酷な記録」命懸けの駆け足レース

「陣痛タクシーの過酷な記録」命がけの駆け足レース

ママニック葉酸サプリ

陣痛の始まりと焦り

その日は12月上旬の朝だった。東京の街は少し冷え込んでいた。私が目を覚ますと、いつもと違うおなかの張りを感じた。予定日はまだ先と思っていたが、これは間違いなく陣痛の始まりだった。
最初こそ軽い張りだったが、時間の経過とともに次第に痛みは強まっていった。医師からは、「最初の産気づきから本格的な陣痛が来るまでに12時間はかかる」と教わっていた。つまり、今から病院に向かっても意味がない。家で痛みに耐える覚悟を決めた。
しかし、予想以上に激しい陣痛が次々とやってくるにつれ、落ち着いてはいられなくなってきた。
「もうそろそろ病院に行った方がいいのではないか」
夫は私の険しい表情を見て、そう切り出した。確かに家で待っているだけでは限界が来そうだった。焦りが募っていく中、私たちは出発を決意した。

タクシーでの過酷な移動

最寄り駅からタクシーを拾う。進路を阻むように次々と赤信号が現れた。タクシーの走行は渋滞に阻まれ、遅々としたものだった。
「間に合うか!?」
そう口にするや否や、陣痛がまたやってきた。私は痛みに顔を歪め、夫の手を強く握りしめた。
「大丈夫、もうすぐだから!」
夫はそう言うが、同じ陣痛がすぐにまた来た。車内で唸り声をあげながら、痛みに耐える私だった。タクシーの運転手さんも、振り返りざまにいらいらした表情を見せていた。
渋滞が解消されるまでに30分は費やされた。そしてようやく到着した産院のエントランスで、陣痛に見舞われた。スタッフの人が慌ててストレッチャーを車まで運んできた。

ママニック葉酸サプリ

間一髪のタイミング

ストレッチャーで運ばれ分娩室に入ると、検診の結果、側頭という状況だった。つまり、産道を進む頭位がすでに確認できていた。まさに最終段階を迎えていたのだ。
「間に合ってよかった。5分でも10分でも遅れていたら…」
スタッフの人がそう口にし、私たちは胃を冷やした。つらい移動を経てようやく病院に辿り着けたのだが、その時間的余裕は本当にぎりぎりだったのだ。
残り少ない時間、最後の力を振り絞った。果てしなく続く痛みに耐え忍びながら、ついに我が子を無事にこの世に産むことができた。
タクシーに乗るまでの移動を振り返ると、本当に危険な目にも遭いかねない状況だった。車中はたじたじだったし、渋滞に阻まれるたびに焦りは増すばかりだった。それでもギリギリのところで産院に到着できたのは、奇跡に近かった。

一命を賭した”駆け足レース”だった

出産を経験して分かったことだが、私たちが闘ったのは文字通り”命がけのレース”に等しかった。
タクシーに乗って窮地に陥った瞬間、母体、そして赤ちゃんの命すら脅かされかねない事態だった。渋滞が長引けば長引くほど、そのリスクは高まる一方だった。焦りが募るのも無理はない。
結果として無事に上手くいったが、これは単に”幸運”だったと片付けることはできない。そこには私たち夫婦の強い意志がささげられていた。
つまり、どうしてでも母子の命を守り抜こうとする強い”執念”があったからこそ、このレースに勝利できたのだ。やむを得ず危険を冒してでも、第一目的は子を無事に産む、それだけだった。
こうして振り返ると、”陣痛タクシー”は大仰に聞こえるかもしれない。しかし私たちにとっては、正に一種の”命懸け”の体験だったのだと言えるだろう。
ただ我が子を無事に産むためだけに、想像を絶するリスクを冒さざるを得なかった。忘れ難い出産体験は、同時に我々の強い意思をも証明する出来事だったと自負している。

プレママ必見!
妊活中から飲める赤ちゃんのための葉酸サプリリスト

妊活中から赤ちゃんの健康をサポートするために、葉酸サプリを摂取することが大切です。以下のサプリは、妊活中の方、妊婦さんに人気の高いおすすめ商品です。

1.ママニック葉酸サプリ
– 200人の女性の声から生まれた、赤ちゃんのための葉酸サプリ
– 400μgの葉酸、鉄分、カルシウムを配合
– 29種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合
– 安全性テスト済

2.ベルタ葉酸サプリ
– 売上No.1、モンドセレクション5年連続受賞の葉酸サプリ
– 産婦人科医約640施設に提供されている
– 厚生労働省推奨の葉酸400μg(モノグルタミン酸型酵母葉酸100%)配合
– 47種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸を配合
– 鉄分20mg、カルシウム250mg配合

妊活中から赤ちゃんの健康をサポートするために、これらの葉酸サプリを試してみてはいかがでしょうか。